熊本の超音波エステ・リンパマッサージ エステティックサロン|IDEALイデアール

閉じる

COPYRIGHT © IDEAL 2017 ALL RIGHT RESERVED.

Blog

2022.07.25

夏の肌ダメージ3選

 

夏の様々な肌ダメージがありますが、今回は3つ程ピックアップして、まとめてみました。

 


①紫外線


 

1番の老化の原因とも言われる「光老化」を促進させてしまう紫外線。夏場はUV-Bが特に強く、皮膚表面のダメージやシミなどの色素トラブルに注意が必要です。ダメージの蓄積は「乾燥」の原因にもつながっています。

 


対応策


 

・日焼け止めの使用

塗るタイプはもちろん、最近は飲むタイプもあります。

・日傘や帽子の使用

日中の強い紫外線をケアできるアイテムの活用をしましょう。

 


②冷房


 

気温が高い日が続く夏は、冷房の効いた室内で過ごす時間も多くなります。お肌の水分が奪われてしまいやすく、「乾燥」の原因へつながります。お肌の表面が硬く、ザラザラとしてしまう原因の1つでもあります。

 


対応策


 

・洗う・落とすのケアの強化

ダメージを受けたお肌は、敏感になりやすい状態です。いつも以上に優しく、潤いを残しながら落とす・洗うケアを行っていきましょう。

 


③汗


 

暑い日が続くと、汗の分泌量も増えます。汗をかいたままの状態でずっと過ごしていまうと、お肌のpH値はアルカリに傾き、ダメージを受けてしまいます。こちらも「乾燥」「敏感」や「ザラつき」の原因となります。

 

 


対応策


 

・汗を拭く

汗を放置せず、ハンカチやティッシュで優しく抑えるように汗を拭き取りましょう。

 


 

どのトラブルにも共通して必要なことは、しっかりと「保湿」を行うことです。いつも以上にたっぷりと保湿を行うことで、お肌の修復力を高めましょう。

 

夏のダメージを、どれだけしっかりとケアできるかによって、秋のお肌も変わってきます。ダメージを残さず、次の季節を迎えられることを目標に夏のケアを見直しましょう。

 


最後に


 

気になること、詳しく知りたいこと、どうしたらいいかな?など、ありましたらお気軽にお声がけ・ご連絡くださいませ。

 

 

この記事を発信する

リンパドレナージュセラピスト養成講座

IDEALではTHS認定リンパドレナージュセラピストの資格取得が可能なスクールを開講しています。初心者の方からすでにセラピストとして活動中の方まで理論と実技をしっかりと学ばれたい方へお勧めです。卒業後はIDEALのセラピストとしてデビューする事も可能です。

詳しく見る

BLOG & NEWS

Read More
お問い合わせ ご予約はこちらから